トップ > CGI設置講座 > 設定 > パーミッションの設定

パーミッションの設定

パーミッション

CGI等のシステム系は、パーミッションを設定しないと動かないものが殆どです。
アップロードが完了したら、パーミッションを設定しましょう。

apeboard+のパーミッションを確認しましょう。

apeboard2 (755)  /  apeboard.dat      (666)
  |                apeboard_plus.cgi (755)
  |                apeboardp_mt.cgi  (755)
  |                boardini.cgi      (644)
  |                jcode.pl          (644)
  |                apeskin.html      (644)
  |                res_file.html     (644)
  |                skinini.cgi       (644)
  +  img  (755)  /

755や666などの数字がパーミッションになります。
644は初期状態なので、644が指定されている場合は特に設定変更しなくて大丈夫です。
また、サーバによっては755は700、666は600という数字でないと動かない場合がありますので、パーミッションは確認しましょう。

パーミッションの変更

ファイル 15-1.jpg

変更したいファイル名の上で右クリック→「属性変更」をおします。

ファイル 15-2.jpg

設定していない状態はこのようになっています。
パーミッションの数字が合うように、チェックをしていきます。

ファイル 15-3.jpg

数字を変更したら「OK」を押して完了です。
他のもこのような手順で変更して行きましょう。

  • CGI設置講座 > 設定|
  • comment:0
  • 2009.11.14-sat

人気ブログランキングへ よろしければ投票をお願いします★

コメント一覧